ETCカードのセッティング忘れによるアルミホイールのキズ修復依頼

ETCカードのセッティング忘れによるアルミホイールのキズ

全国からホイールリペア店舗を探す

ETCカードのセッティング忘れによるアルミホイールのキズ

皆さんは高速道路に乗ろうとETC専用レーンに進入し、開閉バーが開かなかったといったトラブルに遭遇されたご経験はありませんか。
うっかりしてETCカードのセッティングを忘れると開閉バーは開かず、通過不可能となってしまいます。
弊社のお客様で、開閉バーが開かなかったためパニックになった結果、縁石に接触して車のアルミホイールを傷つけてしまったと言う方がいらっしゃいました。
何とか自分でアルミホイール修理できないものかとあれこれ試してみたようですが、結局修復不可能と言うことが分かって諦めた結果、弊社へのご依頼となったものです。

傷ついたアルミホイールの中にも修理・修復が可能なものと、修復不可能なものとの2種類あります。
修理業者でも修復不可能という場合は交換せざるを得ませんが、高くつくことになりますので、諦めることなくアルミホイール修理が可能かどうか弊社にご相談下さい。
長年の実績と信頼を誇る弊社では、技術水準に優れる社員が自信を持って、パッと見た目には、どこにキズがあったのか分からないくらい綺麗に仕上げる事が出来ますので、アルミホイールで何かお困りの際にはご遠慮なく弊社にご相談下さい。

トータルリペアで企業!フランチャイズ加盟募集

全国からホイールリペア店舗を探す