腕に自信があるのなら自分で直すDIY補修をするというのも一つの方法

DIY方法をご紹介

全国からホイールリペア店舗を探す

DIY方法をご紹介

車庫入れをする時に、アルミホイールを縁石にギギーッと引っ掛けてしまったり、コインパーキングの料金を払う際に寄せ過ぎてしまって料金機の足元にある段差などに引っ掛けてしまい、せっかくのアルミを傷つけてしまったり、へこましてしまったりした経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

軽いキズの修理であれば、腕に自信があるのなら自分で直すDIY補修をするというのも一つの方法でしょう。
そこで、自分でアルミホイール修理をする簡単なやり方を紹介していきたいと思います。まず、アルミホイールを水洗いし補修部分以外に傷をつけないようにタイヤのゴム部分とホイールの内側をマスキングテープでマスキングしていきます。

それから、耐水性のサンドペーパーでキズのささくれなどを削り取り、パテ補修の前にシリコンオフなどの油分を寄せ付けない専用の薬剤をスプレーして、キレイなタオルで拭き取りましょう。
その後、少し盛り上げ気味にアルミパテ塗りをして、マスキングテープをはがして乾燥させて、アルミパテを硬化させます。
そして、キズ防止のためにホイールの内側部分を再度マスキングし耐水性のサンドペーパーでアルミパテを研磨し、面を均一にしていきます。
この時に研磨パッドなどを使うと力が均等にかかりますので、美しく仕上がります。

しかし、あまりにもキズがひどい場合や、腕に自信がない場合は、アルミホイール修理の専門店「ホイールリペア」にご相談下さい。
施工店は日本全国にありますので、お近くの店舗を探し頂き、お気軽にお電話下さい。
アルミホイールのキズを綺麗に修理して、パッと見た目には、どこにキズがあったのか分からないくらいに仕上がります。

トータルリペアで企業!フランチャイズ加盟募集

全国からホイールリペア店舗を探す