アルミホイールには、鋳造法と鍛造法の2種類の製造方法があります

アルミホイール製造方法をご紹介

全国からホイールリペア店舗を探す

アルミホイール製造方法をご紹介

アルミホイールの製造方法は、大きく分けて2つあります。
溶けたアルミニウム合金を、型に流し込んで製造する鋳造法(ちゅうぞうほう)とアルミニウム合金素材に、圧力をかけて製造する鍛造法(たんぞうほう)です。
鋳造法には、さらに重力鋳造法、低圧鋳造法、ダイカスト法、スクイズ製法があります。
鍛造法には、熱間鍛造法溶湯鍛造法、SSF(半溶融鍛造法)があります。
SSFは、ホイールの高強度化と軽量化をするために開発された鋳造、鍛造両方の良い所を取った製造法です。

1ピースのアルミホイールについて、簡単に製造工程をご紹介します。
もとになるアルミの柱を、車によって違うタイヤの幅に切り取ります。
熱してやわらかくしたものを圧力をかけて、円盤型にします。
裂開という窪みをつけてから、ローラーで引き伸ばします。
外形が出来ると、電動ドリルでホイールの模様やボルト穴をあけて整形します。
合金の分子を整えるために熱処理と冷処理をして、強度が出ます。
ホイールの光沢を出すため研磨します。保護塗装をすると、出来上がりです。

この様にして、作られたアルミホイールも経年によって劣化し、修理が必要になってきます。
その様な際には、是非、専門店に修理をお任せ下さい。
キズの修理は勿論、レストアといったような全体的な補修まで手掛ける事が可能です。

トータルリペアで企業!フランチャイズ加盟募集

全国からホイールリペア店舗を探す