その他の記事

ダイヤモンドカットの白サビの原因は?

ダイヤモンドカット(ポリッシュ)のホイールは使用状況などにもよりますが、ミミズが走ったような白サビが発生してしまいます。これは、素地とクリアー塗装の間に入り込んだ水分が原因で起こります。素地とクリアー塗装の間に入り込んだ水分が抜け切れず、白サビとなってしまうのです。クリアー塗膜があるのに、何故、水分が入り込んでしまうのかと言いますとクリアー層は1層のみで、角ばった部分には実質ほとんどクリアーが乗りませんので、ナットホール、センターホールなどから白サビが発生してしまうのです。

アルミホイール修理の専門店ホイールリペアはダイヤモンドカットのリム部分に出来た修理も手掛ける事が出来ています。事前にご予約頂ければ当日の仕上げが可能です。キズついた箇所だけを施工しますので時間も費用もそれほどかかりません。ガリキズの修理ならかかる時間は数時間。交換した場合と比べればかかる費用は数分の1程度です。アルミホイールに直したいキズが出来てしまいましたら、お気軽にお近くの店舗にお電話下さい。


関連コラム

お申込みをご希望の方はこちらから

お近くの店舗を探す

日本全国に展開しておりますホイールリペアの施工店は、下のボタンよりお探し頂けます。各店舗のページには電話番号が記載されていますので、そのままお申込み頂く事が出来ます。店舗によってはホームページやブログ等を掲載していますので、アルミホイール修理をご希望の方は、そちらも併せてご覧ください。

ホイールリペア店舗を探す