DIYの注意点など

アルミホイール修理のDIYは難度は高め

キズの大きさにもよりますが、アルミホイール修理のDIYは難度は高めです。下地処理などをしっかりとやらなければ、なかなか上手に仕上がりませんのである程度、工具の取り扱いに慣れている方などは出来るかも知れませんが、それほど慣れていないという方は、専門店などにお願いして修理する事をお勧め致します。

小さなキズを目立たなくする程度なら、アルミホイール修理用のシールを貼るという方法もあります。この程度のDIYなら、どなたでも簡単に出来ると思います。その他にはアルミパテを使用したDIYなども、様々な製品が市販されていますので挑戦する事は出来るかも知れませんが、上手にやるにはスキルが必要です。コツとしては最初に鉄粉処理をしっかりと行い、キズを削って表面を整えた後、しっかりと脱脂処理して下さい。脱脂処理をやらないとアルミパテが剥がれおちてしまう可能性がありますので、アルコールや消毒用エタノールなどでしっかりと脱脂処理する事を心がけて下さい。

関連コラム

お申込みをご希望の方はこちらから

お近くの店舗を探す

日本全国に展開しておりますホイールリペアの施工店は、下のボタンよりお探し頂けます。各店舗のページには電話番号が記載されていますので、そのままお申込み頂く事が出来ます。店舗によってはホームページやブログ等を掲載していますので、アルミホイール修理をご希望の方は、そちらも併せてご覧ください。

ホイールリペア店舗を探す