DIYの注意点など

アルミホイール修理DIYの注意点

アルミホイール修理のDIYは難易度が高いので、ある程度、知識や技術が無い方には難しいと思います。それでも挑戦したいという方の為に、DIYの際の注意点をご紹介します。

まず、忘れてはいけないのが脱脂処理。アルミパテを使用した修理をお考えの方は特にこの脱脂処理を行わないと、キズを補修してアルミパテを埋め込んだのに、そのアルミパテが剥がれてしまうという現象に陥ってしまいます。ホイールにはワックスの油やその他にも走行中に付着した油などが付着してしまっています。そういったものを通常はアルコールや消毒用エタノールを使用して脱脂処理を行います。

その他には、施工前にしっかりと鉄粉を除去する事や、アルミパテを埋め込む際にはパテを多めに埋め込んで、埋め込み残しが無いようにするなど、いくつか注意して欲しい点はありますが、脱脂処理をしないとアルミパテが剥がれる可能性が大きいです。全てが台無しになってしまいます。もう一度はじめからやり直しなんて事にもなりかねませんので、しっかりと行う様にしましょう。

DIYに失敗してしまいましたら、お気軽にアルミホイール修理の専門店ホイールリペアにご連絡下さい。


関連コラム

お申込みをご希望の方はこちらから

お近くの店舗を探す

日本全国に展開しておりますホイールリペアの施工店は、下のボタンよりお探し頂けます。各店舗のページには電話番号が記載されていますので、そのままお申込み頂く事が出来ます。店舗によってはホームページやブログ等を掲載していますので、アルミホイール修理をご希望の方は、そちらも併せてご覧ください。

ホイールリペア店舗を探す