豆知識

クリーニングする際に注意する事

2015-06-25 豆知識

最初に、キズがある場所をクリーニングします。まず、フローリングに水をふきつけて、スチールウールでこすり洗いします。その際に注意したいのが、キズの部分に水分を含ませないようにする事。表面の保護膜が無くなっている木材の場合には水分を含んでしまうと変形したりパテの密着が悪くなってしまいます。こすり洗いをした後は、綺麗なタオルやペーパータオルでしっかりと水分を吸い取りましょう。最後に、表面に付着しているワックスや油脂分をしっかりと除去します。フローリング表面を手で触り、ワックスがとれている事が確認出来たら終了です。

クリーニングをしっかりやる事で、艶の調整を行うクリアコートの密着度が変わったり、キズを埋めるパテの密着度が変わったりしてしまいます。フローリング補修は簡単に出来るように見えて、施工跡を目立たなくするには高い技術が必要です。DIYに挑戦する際には、クリーニングを行う際も基本に忠実に従って、綺麗な仕上がりになるように心がけましょう。

一覧へ戻る
まずはお電話でお問い合わせください。 048-740-5453