コラム

全国からお近くの施工店を探す

コラム

勘違いしないでほしいコト。ワックスとコーティングの関係

コーティングが開発される前は、ワックスが車のボディメンテナンスの主役でした。そのワックスは、元々は天然カルナバロウ100%のものを指していたそうです。
世界最高峰といわれる純度100%のカルナバロウは、ワンパッケージ100万円を超えるワックスの原料になる事もあるそうです。
有名なメーカーのカルナバワックスなどですと、基本的には最高ランクの一号が使用され、ブラジル産カルナバ椰子の若葉から年間に1回だけ採取される貴重なものを使用しているそうです。

ワックスはコーティングにはない、ギラギラとした艶を出す事が出来ますので「コーティングよりもワックスが好きだ」という方はいらっしゃると思います。
しかし、ワックスはスグに効果が無くなってしまいますので、メンテナンスが大変です。

そもそもワックスはボディの艶出しの為に使用するものであり、コーティングはボディの塗装の保護の為に行うものなので直接の関係性はありません。
全く違うモノを混同して一くくりに締まっている状況はどうかと思います。

決してワックスの上位版がコーティングではないのです。全くの別モノと考えてください。
ワックスをおこなうコストでコーティングが出来ると思ったら大間違いです。

つまりコーティングは塗るだけでもそれだけのコストがかかるもの。
ワックスの代用と思うのでしたら、その予算でワックスの最上位品を買った方が良いと思います。

関連コラム

お近くのコーティング施工店を
探す

全国からお近くの施工店を探す