コラム

全国からお近くの施工店を探す

コラム

使用する製品の理解の深さが違います

これはどうしようもない事ですが、DIYで施工する場合と、プロとでは使用する製品への理解度が違います。
相手はプロですので当たり前ですが、下地処理をする際にもより良い道具を選んで利用していると言えます。そこで、車コーティングなどを施工する際に使用する道具の選び方を少しお話したいと思います。

■トラップ粘土:
鉄粉を除去するのに使用しますが、購入する際は、コンパウンドなどを含んでないものを選んで下さい。コンパウンド(研磨剤)を含んでいるものを使用しますと、塗装をキズつけてしまう恐れがあります。

■バフスポンジ:
こちらはなるべく繊維が柔らかくて、もろいスポンジを使用が、もっともキズを付けずに安全に使えます。

■タオル:
拭き取り用のタオルは極細繊維タオルを選んで下さい。キズを最小限に抑える事が出来ます。

この様に専門的な道具が必要なのはもちろんなのですが、個人でコーティングをおこなうのはあまりお勧めしません。
プロに任せるのが一番です。

関連コラム

お近くのコーティング施工店を
探す

全国からお近くの施工店を探す